東京の温泉


-
東京 新宿十二社温泉 銭湯系 新宿中央公園の裏にある。今まで日帰りで入った温泉の中で,一番値段が高い(1900円)。さすが都心ど真ん中(それにしても高い気もするが)。
マンションの下が温泉になっている。ちょっとした風俗のようで,夜に入るときは結構びびるかもしれない,ぼったくられそうで。しかし,もちろんそんなことはない(ある意味1900円というのはぼったくりかもしれないが。すごい古ぼけた感がいっぱいだし)。
値段は高いが,湯質が他で見たことがないようなもので,何ともいえずよい。湯の色は,コーヒー,というか,急須の中に番茶を入れてお湯を注いだまま3日くらい忘れて置いてあったような色。これほどの濁り湯を見たことがない。ある意味究極の濁り湯だと思う。土方の人が30人くらい入った後の銭湯でもこんな濁り湯にはならないだろう。
ぬめぬめと体にまとわりついてくるような湯感。湯船は二つあり,一つの湯船には源泉(25度くらい)がそのまま注がれていた。その水風呂と加熱風呂を行き来するのが何ともいえない快感。とにかくすごい。
土曜日の昼間なのに(土曜日の昼間だからと言うべきか),客はほとんど見あたらず。これほどの温泉,つぶすのは勿体ない。が。スパ系とか,「お湯を湯河原から運んできました」といったホテルとかが「温泉」を名乗っているが,それに猛省を促したくなるような温泉。
(H14/9/14)
適度 1回
浅草観音温泉 銭湯系 浅草寺の横にある。建物にはツタが絡まり,何とも言えない,いい雰囲気。番台にいるおばちゃんもいい感じ。古びた感じもいい。
・・が!温泉(?)の中に塩素が!「保健所からの勧告に従い,入れてあるが,プールよりはずっと弱い物であるから安心するように」,という趣旨の張り紙がされている。・・プール?比較の対象が間違ってないか?
情報では黒湯とあったが,完全に透明である。しかも,やわい温泉慣れした僕の肌には塩素はきつく,何となくかゆくなってしまった。タオルも塩素くさくなってしまったし・・。
シチュエーションは最高なのになあ。一緒に行った高田センセ,ごめん!
(H14/9/26)
すきすき 1回
麻布十番温泉 銭湯系 浅草観音温泉の口直しに,麻布十番温泉に行く。情報を鵜呑みにしないため,黒湯であるか否かを予め電話で確認した上で向かう。
しかし,いいところにあるな,この温泉。隣のカフェでは外人さんが高級そうな乳母車で子どもをあやしながらコーヒーを飲んでいた。優雅だ。
ここの温泉は当たり。とりあえず黒湯だったし。新宿十二社温泉よりは濃度も低く,ぬめぬめ感も足りなかったが,なかなか体が芯まで温まり,よかった。二回試験の疲れが少しとれた気がした。源泉にそのまま入れる水風呂とかも作ればいいのだろうが,結局は銭湯だし,しょうがないのかもしれない。
ここには近所のおっちゃんとか,全身刺青のにいちゃんとかが入っていた。
こんな温泉が大都会の街中にあって,400円で手軽に入れるのだから,日本ってすごい。
(H14/9/26)
適度 1回
そしがや温泉 銭湯系 戦後最大級という台風の中,祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分くらいのところにあるそしがや温泉21に向かう。意外ときれいなところだった。銭湯料金400円は東京では安い。
入ると洗い場が広く,お風呂も様々な種類があった。そのうちの一つが黒湯となっていた。黒湯も電気風呂になったり,泡が吹き出ていたり,工夫がなされていた。っていうか,温泉だけでは勝負できないから,なんかごまかしているような感じも・・。絶対循環だろうな・・。
でも,お湯は結構良かった。ぬるぬるした感触は,黒湯独特。
裸で泳げるミニプールや各種サウナ(冷凍サウナというものもあった)は,だいたい別料金(400円)のよう。あまり利用している人はいなかったが。
くつろげるスペースが充実しており,とても良かった。漫画雑誌などが置いてあり,体をさますのにはちょうどいい。なかなか工夫されているな,と思いました。とさ。
テレビで台風情報の特番をやっている。こんな時にわざわざ電車で出かけて温泉に入らなくてもいいのに。ほんとアホだ。
(H14/10/1)
適度 1回
ゆ〜シティ蒲田 銭湯系 蒲田のカプセルホテルに泊まり,蒲田の温泉に入る。黒湯。
しかし,新宿十二社温泉ほどのぬるぬる感はない。結構清潔だし,町中の銭湯としては贅沢。
(H14/11/3)
適度 1回